便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の疑問点

十方便秘薬について





便秘薬には、いろんなものがある。
その中で、最近話題になっているのが漢方系のものだ。
しかし、それには疑問を感じる節もある。
ちゃんとしたほどの効果は見込めるのか。


漢方の仕組みとは、からだの中にもともとある自然治癒力を引き出し、病気を治していくというもの。
それで頑固な便秘は治せるのか!?
気になったので調べていたら、十方便秘薬というものに出会った。
これも、漢方のになる。
いったい、どんななのだらうか・・・?


十方便秘薬
これは、からだにやさしいである。
この十方便秘薬は、センナやアロエなどの8種の生薬が入っている。
生薬、というのは、とはちょっとちがう。
自然の成分が入っていて、からだにやさしいのだ。


効果は、下剤系の便秘薬にくらべれば低いといえるだろう。
この便秘薬を使うなら、生活ペースを直し、
きちんとした生活をすることでからだの中からも便秘を治してゆくのだ!
というこころがけが大切だ。
だが、に頼らない生活をすることも、たいせつなこと。
サポート的な役割として、この十方便秘薬を使ってみるのもいいかもしれない。
このだけでなんとかしようと思わないことが大事だ。

便秘薬の疑問点

授乳中の便秘薬について





妊娠。
そうそれは、愛すべきひとの愛すべき子供を宿する、美しいこと。
だがしかし、妊婦さんはとても大変だ。
からだの中にもうひとつのいのちがあるということは、そこにも栄養分を送らねばならない。
だが、からだはひとつしかない訳で、そのひとつのからだから子供にも送らねばならないので
お母さんのからだも、けっこう負担を強いられることになるのだ。


そして、子供が生まれてからも、その苦労は終わらない。
授乳という作業があるのだ。
母乳を与えたほうが子供は安心して育つ、と聞いたことがある。
できるだけ母乳で育ててあげたいものだ(´∀`*)ウフフ


しかし、授乳中は便秘になりやすいという声を聞いた。
通常の状態ならば便秘薬を飲めばいい。
しかし、授乳中のひとは、便秘薬を飲んでもいいのだろうか??
疑問に思ったので、そのへんをいろいろと調べてみた。


基本は、あまり飲まないほうがよいらしい。
・・・そりゃそうか。
だが、そうも言ってられない場合もある。
ひどい便秘で何日も出ない場合。
母乳に影響が無いは、酸化マグネシウムのものらしい。
これは、妊娠中に産婦人科で出されるだそうだ。
飲んではいけないものは、センナの
これは、ひとによっては母乳に移行するので、飲まないようにしたい。


授乳中は、できるだけのお世話になりたくはないけれども、
安心なを使って我慢できない時は乗り切ろう!

便秘薬の疑問点

漢方の便秘薬とは?





最近、漢方のがメジャーになってきた。
からだに害もなく安心して飲める、ということである。
だが!DA☆GA!!
的に見てどうなのかという意見もある。
たとえば便秘だ。
下剤系の強い便秘薬を使えば、たちどころに確実にたくさん便が出る。
漢方でそこまでの効果はのぞめるんかえ?ええっ?
だめだったらどうしてくれるんねヽ(`Д´)ノってなひともいるだろう。
というわけで、いろいろと調べてみた。


強いで効果があるひとは、別にそれでいいだろう。
だが、には常習性ってなもんがある。
今効いているそのは、連用すれば効かなくなってしまうのである。
そうなったときにどうする?残されるのは浣腸しかないではないか。
別に浣腸が悪いとは言わないが、刺激も強いのでできれば避けたいところだ。


あと、わたしの例を挙げよう。
わたしは強いで、おなかを壊してしまい
1日中下痢が出続けたことがある。
本当につらかった。お仕事も手につかない。
ゆえに、便秘薬が、すっかり怖くなってしまった。


そんなひとたちにとっての救世主伝説。それこそが漢方のだったのだ。
漢方では、便秘というのはからだの中にディストーション(歪み)が
起こることによって発生するのだという解釈をしている。
よって、便を出すだけではなく、からだのバランスをきちんと整えることが治療だということだ。
その考え方は、とても納得できる。
便秘の原因は、不規則な生活にあるからだ。


そしてわたしのように便秘薬にデリケートなからだの持ち主にも、
漢方はやさしく語りかけてくれる。
自然なお通じをくれるのだ。
これは、漢方の便秘薬を飲んで一番びっくりしたこと。
こんな感触が得られるのか!と朝のお手洗いが楽しみになったくらいだ。


強い便秘薬は苦手というひとや、日常生活を快適に送りたいひとに、
漢方の便秘薬は役に立つだろう。

便秘薬の疑問点

妊婦と便秘薬のいけない関係について





子供・・・それは宝物。
愛するひとと愛し合った者だけに与えられる。そうそれは宝物なんだ。
だから「子宝」などと称されるのも当然のことだ。
昨今では、無責任に子供を作りいいかげんに育てる親もいる。
否、育てているならいい。その責任を放棄する者もいる。
そんなことでいいのか!?
子供というのは、ひとを和ませる存在。
人類において、最高に癒される存在なんだ。
大切に、大切にかわいがってあげなければならないと思うわたしである。

そして、愛するひとの子供を身に宿した存在・・・そうそれは妊婦さん。
妊婦さんには気遣いが必要だ。
なぜなら、彼女たちはとても大変なんだ。
自分の体内の栄養を子供に吸い取られてしまうし、おなかも重たくなってくる。
そして、妊娠すると便秘気味になる、という声をよく聞く。
理由まではわからないが・・・どうやら、そうらしいのだ。
しかし、彼女たちは子供を身に宿した存在・・・を飲んでもいいのだろうか?
子供に、影響はないのだろうか?
と思い、いろいろと調べてみた。


コーラックなどの下剤系の便秘薬は、飲んではいけないことが発覚した。
妊婦さんに、下剤は良くない。
妊娠初期におなかを壊してしまうと、流産のおそれがあるらしいのだ!
それは、一番避けたいことだ・・・
それでは、妊婦さんは便秘薬を飲んではいけないの?
ストレスをためながら便秘に耐えないといけないの?
・・・
チッチッチッ、それは違うさ。
酸化マグネシウム、それが妊婦さんに許された便秘薬なんだ!
病院で処方されたという妊婦さんの声もよく聞く。
どうやら、妊婦さんにも安心な・・・それが酸化マグネシウムなんだ。


もともと便秘気味で妊娠したひとも、嘆くことはない。
飲めるは、あるのだから・・・。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。