便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の疑問点

授乳中の便秘薬について





妊娠。
そうそれは、愛すべきひとの愛すべき子供を宿する、美しいこと。
だがしかし、妊婦さんはとても大変だ。
からだの中にもうひとつのいのちがあるということは、そこにも栄養分を送らねばならない。
だが、からだはひとつしかない訳で、そのひとつのからだから子供にも送らねばならないので
お母さんのからだも、けっこう負担を強いられることになるのだ。


そして、子供が生まれてからも、その苦労は終わらない。
授乳という作業があるのだ。
母乳を与えたほうが子供は安心して育つ、と聞いたことがある。
できるだけ母乳で育ててあげたいものだ(´∀`*)ウフフ


しかし、授乳中は便秘になりやすいという声を聞いた。
通常の状態ならば便秘薬を飲めばいい。
しかし、授乳中のひとは、便秘薬を飲んでもいいのだろうか??
疑問に思ったので、そのへんをいろいろと調べてみた。


基本は、あまり飲まないほうがよいらしい。
・・・そりゃそうか。
だが、そうも言ってられない場合もある。
ひどい便秘で何日も出ない場合。
母乳に影響が無いは、酸化マグネシウムのものらしい。
これは、妊娠中に産婦人科で出されるだそうだ。
飲んではいけないものは、センナの
これは、ひとによっては母乳に移行するので、飲まないようにしたい。


授乳中は、できるだけのお世話になりたくはないけれども、
安心なを使って我慢できない時は乗り切ろう!


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。