便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の疑問点

漢方の便秘薬とは?





最近、漢方のがメジャーになってきた。
からだに害もなく安心して飲める、ということである。
だが!DA☆GA!!
的に見てどうなのかという意見もある。
たとえば便秘だ。
下剤系の強い便秘薬を使えば、たちどころに確実にたくさん便が出る。
漢方でそこまでの効果はのぞめるんかえ?ええっ?
だめだったらどうしてくれるんねヽ(`Д´)ノってなひともいるだろう。
というわけで、いろいろと調べてみた。


強いで効果があるひとは、別にそれでいいだろう。
だが、には常習性ってなもんがある。
今効いているそのは、連用すれば効かなくなってしまうのである。
そうなったときにどうする?残されるのは浣腸しかないではないか。
別に浣腸が悪いとは言わないが、刺激も強いのでできれば避けたいところだ。


あと、わたしの例を挙げよう。
わたしは強いで、おなかを壊してしまい
1日中下痢が出続けたことがある。
本当につらかった。お仕事も手につかない。
ゆえに、便秘薬が、すっかり怖くなってしまった。


そんなひとたちにとっての救世主伝説。それこそが漢方のだったのだ。
漢方では、便秘というのはからだの中にディストーション(歪み)が
起こることによって発生するのだという解釈をしている。
よって、便を出すだけではなく、からだのバランスをきちんと整えることが治療だということだ。
その考え方は、とても納得できる。
便秘の原因は、不規則な生活にあるからだ。


そしてわたしのように便秘薬にデリケートなからだの持ち主にも、
漢方はやさしく語りかけてくれる。
自然なお通じをくれるのだ。
これは、漢方の便秘薬を飲んで一番びっくりしたこと。
こんな感触が得られるのか!と朝のお手洗いが楽しみになったくらいだ。


強い便秘薬は苦手というひとや、日常生活を快適に送りたいひとに、
漢方の便秘薬は役に立つだろう。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。