便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の疑問点

妊婦と便秘薬のいけない関係について





子供・・・それは宝物。
愛するひとと愛し合った者だけに与えられる。そうそれは宝物なんだ。
だから「子宝」などと称されるのも当然のことだ。
昨今では、無責任に子供を作りいいかげんに育てる親もいる。
否、育てているならいい。その責任を放棄する者もいる。
そんなことでいいのか!?
子供というのは、ひとを和ませる存在。
人類において、最高に癒される存在なんだ。
大切に、大切にかわいがってあげなければならないと思うわたしである。

そして、愛するひとの子供を身に宿した存在・・・そうそれは妊婦さん。
妊婦さんには気遣いが必要だ。
なぜなら、彼女たちはとても大変なんだ。
自分の体内の栄養を子供に吸い取られてしまうし、おなかも重たくなってくる。
そして、妊娠すると便秘気味になる、という声をよく聞く。
理由まではわからないが・・・どうやら、そうらしいのだ。
しかし、彼女たちは子供を身に宿した存在・・・を飲んでもいいのだろうか?
子供に、影響はないのだろうか?
と思い、いろいろと調べてみた。


コーラックなどの下剤系の便秘薬は、飲んではいけないことが発覚した。
妊婦さんに、下剤は良くない。
妊娠初期におなかを壊してしまうと、流産のおそれがあるらしいのだ!
それは、一番避けたいことだ・・・
それでは、妊婦さんは便秘薬を飲んではいけないの?
ストレスをためながら便秘に耐えないといけないの?
・・・
チッチッチッ、それは違うさ。
酸化マグネシウム、それが妊婦さんに許された便秘薬なんだ!
病院で処方されたという妊婦さんの声もよく聞く。
どうやら、妊婦さんにも安心な・・・それが酸化マグネシウムなんだ。


もともと便秘気味で妊娠したひとも、嘆くことはない。
飲めるは、あるのだから・・・。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。