便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の種類

酸化マグネシウムの便秘薬





便秘につきまとう悪いイメージを払拭すべくわたしは
便秘と呼ばず乙女の病気と呼ぼうというスローガンを掲げているわけだが、
そんな乙女の病気、便秘の救世主、便秘薬
便秘薬の成分を見ると「酸化マグネシウム」という文字がたまに躍っている。
酸化マグネシウム!?なんぞ??なんか化学の授業を思い出すぞ。
いったい酸化マグネシウムは便秘にどんな効果があるのかな。
と思いいろいろと調べてみたわけである。


なんと、酸化マグネシウムは立派な便秘薬だったのである!!
病院でも処方されるのだとかー。
酸化マグネシウムには、便をやわらかくする効果があるのだって。
だから、下剤みたいに無理やり出させるのではなくもっと自然な形で便通をうながしてくれるってわけ。
そんなすぐれた成分だったのか・・・酸化マグネシウムよΣr(‘Д‘n)
あなどっていて、申し訳なかった。


そして、自然なお通じをうながしてくれる酸化マグネシウムは、
無理やり出させる下剤系のとは違い、
飲み続けても効果が落ちることもあまり無いという。
もちろん、飲まないに越したことはないが、連用して害があるというものでもないらしい。
なかなかすぐれたではないか!


生活に酸化マグネシウムのを、取り入れてみてもいいかも。
頑固な便秘、我慢しないで(´;ω;`)ウッ…


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。