便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の種類

ケンコウは一番の便秘薬





おにゃのこの美を阻害する宿敵、便秘
数日便が出ないと、からだも心も重たくなってくる。
いや〜な気分になってくる。
しかし、そこであきらめてはならない。
便秘についての情報をチェックし、自分で学び便秘を克服するのだ!
生きることは涙のせい。
楽しいことばかりじゃないから、逆にがんばろうと思い生きてゆける。
奈落に落ちたとしても、そこには綺麗な花が咲いているかもしれない。
だから、便秘でつらい気分になったとしてもあきらめてはいけない。


この世にはたくさんの便秘薬がある。
しかし、一番使わなければならない便秘薬がある。
それはなんだろう・・・?
そう、ケンコウ。健康である。
正確にはではなく、自分のからだでつくってゆくものだが。


この世は決して生きやすいものではない。
都会に行けば、わたしたちに金を使わせようとたくさんの誘惑が存在している。
居酒屋、ゲームセンター、ネカフェ、ダーツバー・・・
そして、資本主義社会の誘惑に踊らされ、人々は夜遅くまで金を使い遊ぶ。
そして、気づけば睡眠時間とお金がなくなっているのだ。


都会には、たくさんのジャンク食の誘惑もある。
ファーストフード、ファミレス・・・どれもカロリーたっぷりの食事だ。
「スーパーサイズミー」という映画を観たことがあるだろうか?
これは、監督が自分を実験台にし「1ヶ月マクドナルドのみで食事をしたらどうなるのか」という
実験をこころみた映画だ。
結果、彼のからだはボロボロになる。
ドクターストップがかかったくらいだ。
観たことが無いひとがいれば是非観て欲しい映画である。


便秘というのは、現代病であるとわたしは思うのである。
その証拠に、わたしは野菜スープのみを食べるダイエットをしたことがあるが、
その間とてもお通じが良かった。
昔の人々は、貧しかっただろうが便秘などはあまりなかったのではないだろうか。
アメリカかぶれの食事になり、乱れた生活ペースが続くことにより、便秘
なってしまうのではないだろうか。


お仕事が忙しいなどいろいろあるだろうけれども、できるだけ正しい食生活や生活ペースを
こころがけたいと思う。
一番の便秘薬は、ケンコウなんだ。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。