便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の種類

便秘薬カマについて





この世には、便秘のひとがたくさんいる。
そして、そんな人々を救うため、日本医学の権威にかけて(かどうかは知らんが・笑い)
便秘薬というものが開発された。
それはどんどん増殖し、たくさんの会社が便秘薬を出しているので
薬局に行けばたくさんの便秘薬に出会える。
そこに並んでいる便秘薬には、どんなものがあるのだろうと思った。
カマ、という名を聞いたので調べてみた。


「カマ」とは、女のひとに見た目を似せようとする男性のことである。
・・・
って、違うだろーーーーーーーー(# ゚Д゚) ムッカー
酸化マグネシウムのことを「カマ」と呼ぶらしいのである。
便秘のお薬としてよく処方されているようだ。
粉状になっているので、必要に合わせて飲む量を調節できる。
にありがちな依存性もないので、長く飲んでも効果は変わらないところが、
あまたの便秘薬には無い、良いところだといえるだろう。
より効果を出すには、お水をたくさん飲むと良いらしい(* ^―゚)


このカマの効果を詳しく説明すると、
まずは腸の中に水分を引き寄せて、便をやわらかくする。
そして、その刺激により腸の運動が活性化するのだとか。その結果、便が出るわけね。
そして、カマには制酸作用がある。
胃酸を中和してくれるので、胃炎や胃潰瘍などが良くなっていくのだ。


飲みやすく続けられる、カマという
わたしも、是非飲んでみたい。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。