便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の基礎知識

生理不順と便秘の薬の副作用について





便秘もつらいけれど、もうひとつ辛い乙女の事情。
それが、生理不順。
月のものが毎月ちゃんと来るべき時にくると、ほっとするものだ。
それが、1日遅れ2日遅れ・・・だんだんと気分が落ちてくる。焦ってくる。
そして、そんなストレスでさらに遅れたりもする。悪循環だ。
女の子にとって月のものっていうのは、健康のバロメーターになっている。
生活ペースがめちゃくちゃだったり、ご飯を食べていなかったりすると、とたんペースが崩れる。
やっぱり、月のものはちゃんときたほうがいいなぁ。

そして、それと同時に乙女の辛い要因便秘が重なると、更に落ち込んでしまう。
排泄物が出ないということは、それが体内に残ってるってこと。
考えるだけで、ぞっとする。
便秘と生理不順がダブルで襲ってくると、自分に勝ち目などないように思える。
このままノックダウンされていいのか!?


と思っていたら、両方を解決できるがあることがわかった。
漢方のなので、からだにもやさしい。
普通のは、からだに無理をして良くする感じがあるが、
漢方は自分の自然治癒力を利用してよくなってゆこうという性質のものなので、安心して使える気がする。
月経時の不安になる気持ちも、取り除いてくれるという。
女の子は、月のものが訪れると、なんとなくいらいらしたり鬱になったりするからなー。
あらゆる月のものに関する不安を取り除いてくれるなようだ。


ただし、副作用もある。
漢方といえど、だからね。
皮膚が赤くなったりかゆみを生じる場合がある。
そして、下痢を生じるおそれがある。
だが、これらは、長期連用などしてはいけないことはしないようにして、決まりを守って飲めば大丈夫だろう。


毎月必ずある、月のもの。
できるだけ心穏やかに過ごしたいものである。
どうしても困ったときは、に頼るのもいいかもしれない。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。