便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の基礎知識

便秘薬と副作用





便秘に早くすぐれた効果をあらわす、
だが、飲む際に注意すべきことがある。
にはつきものの、副作用である。


ひとによっては下痢になったりするので気をつけよう。
普段から便が出ているひとは、飲む必要はない。
ダイエットで使うなど、もってのほか。
腸が過敏になってしまい、しょっちゅうトイレに駆け込むはめになる。
若くしてオムツなんて、便秘よりも、もっといやだ。


もうひとつは、長期使用はだめだということ。
便秘というのは
からだから、いわば無理して便を吐き出すようにしてくれている。
長期連用すれば長期間無理をすることになるのだ。
効き目がなるなどの副作用が見られる。
だからといって量を増やすのは愚の骨頂。
さらに依存症になってゆくだろう。
そうなれば、どころか麻薬のようなものだ。
無しでは便が出ない。だからを飲む。
いつもの量では効かない。量を増やす。2倍、3倍・・・
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
それは、絶対に駄目だ。


正しくを使用し、上手に便秘と付き合ってゆきたい。
があれば副作用あり、ってなくらいにには便利さもあれば困ったところもある。
大事なのはそれについて調べることで、知ることにより副作用を防げるのだ。
上手に使えば、はわたしのために良い働きをしてくれるのだから・・・。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。