便秘薬の種類と副作用についての体験ブログ
スポンサードリンク

便秘薬の基礎知識

便秘の薬の常用について





便秘を使うと、すぐに効果が出る。
今まで便通がなかったひとも、飲んだ次の日に便通がサラっと起こったり!!
今まで出したくても出せなかったひとにとっては天国のような状況だ。
便が出る、ってことの気持ちよさを覚えるだろう。
そして、出さなくちゃ気がすまないようになる。
問題は、ここにあるのだ。


便秘を使うのは、本当に出ないときだけにしたい。
効くからといって常用していると、だんだん効かなくなる。
これはに一般的に言われている事なのだが、薬には常用性がある。
飲み続けると、からだがそれに慣れてしまい、今までの量では出なくなってしまう。
そして飲む量を増やしたりするひとがいるのだが、それはもっと危険だ。
に依存するのは、良くないのである。


は便利だが、正しく利用したい。
自分の便秘の原因を突き止めて、生活を改善したりしてみる。
それでもだめなら(何日も出ないなら)の力を借りる、くらいで良い。
自分に合ったを用いるのが一番大切なので、
どんな症状があるのか、便秘の原因は何なのかなど、自分で原因究明をしよう。
その上で、自分に合ったを上手に使用しなければいけないのである。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。